現場からのメッセージ

永井 亨 さん(特養)

2015-10-02

  •  
  •  
  • 勤務先:社会福祉法人秋田けやき会 特別養護老人ホーム やすらぎホームけやき(秋田市)
  • 勤続:7年目

「やっててよかった」と達成感。

介護職を意識したのは親の年を意識してから

高齢になってきた親を見て、「いずれは親の介護をすることになる。介護のスキルを身につけておけば、親にも安心して任せてもらえる。」という意識を持つようになり、10年ほど前にヘルパー2級の資格を取得しました。色々な業種の職業を経験してから2年半ほどグループホームで働き、現在の職場で勤務しています。

普段の仕事について

リハビリやアソビリテーションを担当しています。
現場が広く、ナースコールの対応などで端から端まで走りまわったり、とにかく体力を使います。 そんな普段の業務に追われていると、どうしても利用者とのコミュニケーションが不足してしまいますので、ちょっとした空いた時間があれば、利用者と会話して、お互い笑いあったりすることを心がけています。

年に1回開催の運動会では、みんな楽しんでいる姿を見ていると、普段は見れない姿が見えたりすることがあり、その後のコミュニケーションに生かしたりしています。

 

利用者や職員とのかかわりが楽しい。

体を使いながら会話する仕事が楽しいです。 新しい利用者が来ると、信頼関係を築いていく中で苦労をすることがありますが、普段はこちらから声をかけていたのが、利用者のほうから「おはよう」「今日きたが」「いがった、顔見れで」と言われるようになった時は「やっててよかった」と達成感を感じます。

利用者は皆さんが人生の先輩でもあるので、尊敬の心を持ちながら接するように心がけています。
ストレスがたまることもありますが、利用者や職員とのかかわりが楽しいので、何かあれば仲間とパーっと飲んで発散します。(笑)

資格を取ってスキルアップを。

資格を持っていれば何かの時に役立ちますので、ヘルパー2級、ケアクラーク、介護福祉士 をこれまでに取得しました。
現在はケアマネジャーと社会保険労務士の資格取得に挑戦しています。

TOPへ