現場からのメッセージ

舛屋 正子 さん(小規模多機能)

2015-11-02

  •  
  •  
  • 勤務先:株式会社グットスマイル 小規模多機能型居宅介護事業所 わか杉の郷(能代市)
  • 勤続:5年

体力の続く限りやっていきたい

病院勤務の経験を生かして

以前に准看護師として産婦人科で働いていました。 子育て中に10年間のブランクがありましたが、その後再度パートとして産婦人科に勤務しました。そして、子どもの成長を機にフルタイムで働こうと考え、今の職場に就きました。

最初のころは利用者さんたちの体調管理に苦労しました。
夏場の暑い時に脱水症状の対応に追われたりと忙しく、産婦人科での対応とは違い、焦りを感じたこともあり、うまく勤まるのか不安がありました。

しかし今では、定期受診時の同行や往診の対応をはじめ、体調不良時に状況を医師に伝えるなど、担当医との連絡調整を任せてもらっているので、看護寄りの介護として関わっています。

 利用者さんとの会話が楽しい

利用者さんは自分の親世代が多いので、話の内容がとても合います。
ここの職場では年代が一番上なので、若い職員が会話で苦労している場面があれば間に入って流れを作ってあげたりします。そのかわり、体力面では若い職員におまかせしています。
時には私たちの愚痴を聞いてくれて、「大変だねぇ、こうゆうところはねぇ」「もう少しがんばれぇ」と励ましてもらうこともあります。
会話をしているのがとにかく楽しいです。自分に合っているのだと思っています。

 仕事の内容について

一人暮らしの方が多いのですが皆さん自立できているので、ここでは家に居るような感覚で過ごせるように心がけています。散歩に行ったり外食に行ったり、先日も「きみまちマラソン」を応援に行ってきました。
敷地内で畑も作っています。作業できる方は実際に外に出て鍬を持って、外に出られない方は言葉で色々と教えてくれます。

子育てが一段落したので、仕事に集中できています。
これからも、体力の続く限りやっていきたいと思います。

TOPへ