現場からのメッセージ

鎌田 舞子さん(特養)

2019-03-25

  •  
  •  

勤務先:特別養護老人ホーム悠西苑(横手市)

勤続:1年8ヵ月

 

利用者様はもちろん、職員も笑顔あふれる職場

 

  • 介護職を目指したきっかけは?

小さい頃から祖父母と一緒に住んでおり、両親のおじいちゃん、おばあちゃんが大好きでした。そんな祖父が介護施設に入所していた際に、「自分も祖父母の為に、何か出来る事がないかな・・・」と思ったのが、介護職を目指したきっかけです。

 

  • やりがいや満足感を得られる瞬間は?

入居者様の笑顔を見られた時や、「ありがとう」の一言を言って下さった時にやりがいを感じます。また、入居者様が昨日は出来なかった事が、今日は出来ている場面を見たりすると、自分も一緒になって嬉しく思います。

 

日々の仕事で抱く思いは?

どんな時でも、相手の気持ちを自分に置き換えて行動するようにしています。当たり前ですが、自分がされて嫌な事はしない、言われて嫌な事は言わない、また相手の立場に立って気持ちや思いを考えるようにしています。

 

ご自身のキャリアアップについての具体的な取り組み

やはり自分は介護業務の現場が大好きなので、現場で生かせるよう、いずれはユニットリーダー研修を受講し、ユニットリーダー職で活躍出来ればと思っています。

 

休日はどのようにして過ごす?

休日はずっと家に居るのが苦手で…運転が好きなので、予定が無くてもふらっと外へ出かけています。また、友達と予定が合えばご飯を食べに行ったりしています。

 

今後の目標は?

ユニットリーダー研修など、自身がスキルアップ出来るような研修に参加する事や、資格を取得し、どんどん上を目指していきたいと思っています。

 

今、介護職を目指している方へのメッセージ

”介護の仕事は大変”とマイナスなイメージを持たれがちですが、実際に現場で勤務してみると、楽しい事や嬉しい事の方が多いです。入居者様から得られるものが多く、また入居者様は人生の先輩でもあるため、自分が知らないような話もしてくださり、為になるお話もあるため、毎日が新鮮です。

 

その他

私が勤務しているこの特別養護老人ホーム悠西苑の施設理念でもある「へへと笑い、ははと笑い、もいっきり楽しい1日を」(えがお)は、職員にも言えると思います。職員が楽しく、また職員が働きやすい環境で働けないと、入居者様へより良い支援は出来ないと考えています。悠西苑の職員は、職員同士の笑顔が溢れており、明るく楽しい雰囲気で勤務されています。

 

 

 

 

TOPへ