現場からのメッセージ

児玉 朋子さん

2021-04-14

  •  
  •  

施設名:大館市養護老人ホーム成章園

サービス種別:養護老人ホーム成章園/成章園一般型(介護予防)特定施設

勤続年数:6年

 

利用者さんとの生活を楽しんで行こうと思っています

 

介護職を目指したきっかけを教えてください。

物心ついた頃から、足に障害を持つ伯父さんと暮らしており、通院介助やリハビリを一緒に行っていた事がきっかけになったのでしょうか、将来何に成りたいのかの質問には、小学校の頃から介護職員と思っていました。

 

やりがいや満足感を得られる瞬間を教えてください。

日々の業務は正直、楽な仕事ではないですが、援助を通して利用者さんから「ありがとう、あなたが居て良かった、あなたでなければ…」等の感謝の言葉はとても励みになります。それよりもっと嬉しい事は、年々、重症化していく中で機能も低下し、表情も乏しくなり発語も少なくなる利用者さんが、介護員の行動や言動で声を出して笑ってくれたり、見た事がない表情が見えた時は何とも言えない感動があります。

 

日々どんな思いを抱きながらお仕事されていますか?

私は、いつも冗談ばかり言って、利用者さんと「××の付く」下話もします。いわゆるふざけた職員ですが、ふざけたコミュニケーションから利用者との距離が縮まり、信頼関係も築く事が出来、不安や悩みを引き出せたり、身体の痛みなどの小さな変化に気付けたりします。
これからも利用者さんとの生活を私自身が楽しんで行こうと思っています。

 

ご自身のキャリアアップについて具体的な取り組みについて教えてください。

年齢的なものもあるかもしれませんが、キャリアアップするために今後、資格を取るなどは正直考えていません。日々変わる介護業界での変化に伴い、必要となるものは積極的に学んでいこうと考えています。

 

休日はどのようにして過ごしていますか?(ワークライフバランスについて)

新型コロナの流行前は、自転車で田沢湖を1周したり、観光地巡りをアクティブに楽しんでいました。 今は家でゆっくりと韓国ドラマを観て過ごし現実逃避し、オンとオフの切り替えを上手にしています。

 

今後の目標を教えてください。

これまで、認知症の利用者さんに対して、その場しのぎの対応をして来たと思っています。
今更かとも思いますが、認知症に関する知識を深めることで、利用者さんの行動、言動にしっかりと向き合って行きたいと考えています。また、色々なレクリエーションも学び考えながら利用者さんが笑顔で楽しく生活できるように努力して行きたいと思っています。

 

今、介護職を目指している方へメッセージをお願いします。

「その人らしい生活をさせる」という事は簡単ではなく、悩んだり、難しいといまだに感じます。
しかし、福祉の仕事は人と接する楽しさや、人の温かさを感じ、色々な経験から学び成長する事が出来る大切な仕事だと思います。仕事に慣れる事、関係性を築く事も大切ですが、自分が楽しんで働く事が重要だと思います。

 

TOPへ