現場からのメッセージ

倉田 志津さん(老健)

2021-04-14

  •  
  •  

施設名:介護老人保健施設なごみのさと

サービス種別:介護老人保健施設

 

丁寧に一人一人と接し、生き生きと働きたい

 

介護職を目指したきっかけを教えてください。

同居していた祖母の体調が悪くなり、要介護状態となりました。介護サービスを利用してから、施設の職員さんの祖母への接し方や、働く姿を見て「私もこんな風に、丁寧に一人一人と接し、生き生きと働きたい。」と思ったのがきっかけです。

 

やりがいや満足感を得られる瞬間を教えてください。

介護老人保健施設で働いていますので、リハビリを提供して、在宅復帰を目指している方が多くいます。入所時よりも状態が良くなり、出来なかった事が出来るようになった時には、やりがいを感じます。また、利用者様と一緒に喜ぶ事ができ、幸せだと感じています。

 

日々どんな思いを抱きながらお仕事されていますか?

利用者さんは人生経験が豊富な人生の大先輩です。普段の会話の中から、毎日色々学ばせてもらっています。利用者さんとスタッフという関係はありますが、その前に、一人の人と人として、本音で話し合う、相手のことを本当に心配する等、心がけて仕事をしています。

 

ご自身のキャリアアップについて具体的な取り組みについて教えてください。

学生の頃実習先の実習担当者の方が、話しやすい雰囲気を作ってくれ、相談しやすかったです。自分もそうなりたいと思い、実習担当で頑張っていた時に、法人から介護福祉士実習指導者の資格をとらせてもらいました。現在は実習指導者として頑張ることができています。

 

休日はどのようにして過ごしていますか?

自宅でゆっくりする日もあれば、食事やショッピングに出かける日もあります。現在コロナ禍で難しいですが、旅行が好きなので落ち着いたら色々な所に行ってみたいと思っています。

今後の目標を教えてください。

利用者様やご家族様に「なごみのさとを選んでよかった!」と思って頂けるサービスを提供する為には、自分一人で、できることはほとんどありません。チームで同じ方向に向かえるように、自分のオモイを相手に伝え、コミュニケーションをとる様心がけています。

 

今、介護職を目指している方へメッセージをお願いします。

介護は大変、キツい等マイナスなイメージがあると思います。でも実際は、楽しいことや、嬉しいことが沢山あり、大先輩から多くの事を学ばせて頂いています。そんな喜びを利用者様と共有できることが幸せだなと感じています。介護は素敵な仕事だと思っています。

 

TOPへ