介護福祉士修学資金等貸付制度について

離職介護人材再就職準備金

2021-08-27

秋田県介護職応援Webサイト > 介護福祉士修学資金等貸付制度について > 離職介護人材再就職準備金

 

介護の仕事への再チャレンジをお考えの方に、再就職に係る費用(上限40万円)をお貸します。
再就職した日から2年間継続して介護業務に従事すると貸付金が全額免除になります。

 

≪注意≫

秋田県内で再び介護業務に就いた後、他職種に転職したり、介護業務に従事する意思がなくなった場合は、貸付金を一括で返還していただきます。

 

貸付対象者

次の全ての条件を満たす方

1. 以下のいずれかの資格を取得してから、1年以上、介護職員として勤務した経験がある

①介護福祉士

②介護福祉士実務者研修修了

③介護職員初任者研修修了(介護職員基礎研修、訪問介護1級・2級を含む)

2. 居宅サービス等を提供する事業所若しくは施設又は第一号訪問事業若しくは第一号通所事業所を実施する事業所に、介護職員等として就労した方、若しくは就労を予定している方

3.直近の介護職員等として離職した日から再就労する日までの間に、介護の資格届出制度(離職介護福祉士等届出制度)に登録するか、秋田県社会福祉協議会福祉保健人材・研修センターに再就職準備資金利用者届出書を提出した方

 

申請方法

≪随時募集しています≫

介護職員として離職した日から再就労する日までの間に、介護の資格等届出制度(離職介護福祉士等届出制度)に登録するか、再就職準備資金利用者届出書を本会担当に提出してください。
申請時には、再就職準備金利用申請書とその他添付書類を提出してください。

 

申請書類

再就職準備資金利用者届出書(PDF)

※介護の資格届出制度に登録することができない場合は提出してください。

再就職準備金利用申請書(PDF)※2ページ 表裏印刷も可

誓約書(PDF)

・貸付申請者の住民票(発行後3ヵ月以内、本籍表示有)

・連帯保証人の住民票(発行後3ヵ月以内、本籍表示有)

・連帯保証人の所得が分かる書類(源泉徴収票の写し又は市町村長発行の所得証明書)

・雇用決定証明書(PDF) ※再就労を予定している方が貸付申請する場合のみ

修学等資金業務従事届(PDF) ※再就労した方が貸付申請する場合のみ

 

離職介護人材再就職準備金チラシ(PDF)

※更新準備中

TOPへ